ファイブイズホーム

性能

【耐震性・構造躯体】
ファイブイズホームは
安心をオプションにしません
主要商品は住宅用制震ユニットを標準装備

MIRAIE

耐震(ファイブイズホーム)x制震(住友ゴム工業・アイ・エム・エー)=安心安全な住まい

建物自体の強度を上げ建物の倒壊を防ぐ「耐震」だけでなく、さらに安心な住まいにするため地震のエネルギーを吸収し、揺れを制御する「制震」を加えます。制震装置を装着することで、建物の損傷を抑えることが可能になり、より一層安心・安全な住まいを提供します。
MIRAIE:Fシリーズ、とくとくハウス
Kダンパー:とくとくバリュー
未搭載:Fスマート

MIRAIEの紹介はこちら

安心を支える基礎と構造躯体

木造軸組工法

柱、梁、土台、筋交いなどで作られる伝統的な日本古来の工法。
設計自由度が高く、耐久性に優れています。
※とくとくバリュー標準仕様

モノコック工法

木造軸組工法をベースに、2×4工法の利点をあわせたモノコック構造。木造軸組工法が持つ強さに2×4工法の面構造をプラスすることで、地震や台風による外力を受け止め分散する画期的な工法です。
※Fシリーズ、とくとくハウス標準仕様

  • 地盤調査を全棟実施
    地盤調査を全棟実施

    地盤は住まいの安全性を左右する重要な部分です。全ての建物で地盤調査を実施し、必要に応じて地盤改良を行います。

  • ベタ基礎工法
    ベタ基礎工法

    建物全体の重量をバランスよく支え、地震などの外力を地盤に分散させる基礎です。一般の布基礎と比べ、建物全体の安定性が増加します。

  • 剛床構造
    剛床

    構造用合板又は積層板を釘と接着剤で密着させた「剛床」になります。地震や耐風などの横からの力を受け止め、バランスよく耐力壁に分散する事ができます。

外部からの力が集中する通し柱も
耐震金具ががっちり固定

強靭な構造用金物で
必要耐力を確保

  • タル木止め金物

    タル木止め金物

    タル木と桁・棟を強固に緊結します。
    屋根や軒裏にかかる風圧力に対応するため、すべてのタル木に取り付けています。

  • 柱頭・柱脚金物

    柱頭・柱脚金物

    構造計算に基づき、柱と土台・柱と梁を必要な箇所へ強固に緊結。1t以上の引き抜き力に対応できる性能を有しています。

  • 羽子板ボルト

    羽子板ボルト

    プレス加工により一体化形成(溶接レス)されたことで、通常の羽子板ボルトより強度の安定化を図ることが可能です。

  • ホールダウン金物

    ホールダウン金物

    構造計算に基づき、基礎と柱や上下階の柱を必要な箇所へ強固に緊結します。2t以上の引き抜き力に対応できる性能を有しています。

  • 1・2階構造用床合板

    1・2階構造用床合板

    1・2階床は、土台や梁などに直接構造用床板を貼り、強固に結合させ剛床としています。また、2階床では通常の根太工法より、約3倍の床倍率となっています。

  • 座堀り機能付座金

    座堀り機能付座金

    土台への座堀り機能がついた座金を採用する事で、不要な断面欠損を軽減、土台との密着性を高めています。

  • 鋼製火打ち金物

    鋼製火打ち金物

    高強度の鋼板をプレスにより一体化形成 (溶接レス)させ、均一な強度を保ちます。従来の木製火打ちより、引張力において約3倍以上の性能を有しています。

  • 基礎構造

    基礎構造

    基礎の断面として、立上り幅、ベース厚を150mm確保。立上りの上下主筋を口径13mm以上、ベース配筋を口径13mmとした、強固な基礎構造です。

断熱性・省エネ性

断熱性能が飛躍的に向上、
ここちよい空間が生まれます。

”樹脂複合サッシ”×
”Low-Eペアガラス”に進化

エピソードNEO

※【平成28年省エネルギー基準】
「建具とガラスの組合せによる開口部の熱勧誘率樹脂と金属の複合材料製建具」+Low-E複層ガラス(中空層10mm以上)/複層ガラス(中空層10mm以上)」国立研究所開発法人 建築研究所ホームページ内「平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)」による。

断熱性・省エネ性

冬暖かく夏涼しい、優れた断熱性で
快適な暮らしを実現します。

  • マシュマロ断熱
    マシュマロ断熱

    「マシュマロ断熱の家」は、高気密・高断熱によって、省エネ、静か、健康的など「スマート」な生活環境を実現します。また、材質や施工方法による特性が長期間に渡って性能を維持出来ることも大きな魅力です。快適な環境が長く続く、住まいの「ロングライフ」を可能にします。
    ※Fシリーズ仕様

  • 高性能グラスウール
    高性能グラスウール

    優れた断熱性に加え、健康、安全、環境への配慮までも品質にした高性能なグラスウールです。
    また、シックハウス症候群の原因の1つともいわれているホルムアルデヒドを含まない材料を使用しています。
    ※とくとくハウス、とくとくバリュー仕様

外壁 換気 防水

防火構造の外壁・屋根、防水対策を標準で採用
防火・防水対策で永く暮らせる住まいへ

  • 耐火性能の高い防火サイディングと屋根材で隣家からの延焼を防ぐ

    耐火性能の高い防火サイディングと
    屋根材で隣家からの延焼を防ぐ

    木造住宅の火災が起きた場合、その燃焼温度は約1100°Cに達するといわれています。このとき3m離れた隣家の外壁は840°Cの熱にさらされます。ファイブイズホームで使用する外壁材・屋根の軒天材は、国土交通大臣より認定を受けた炭化性能に優れた材料を使用しているため、木材の着火温度である260°Cを超えることなく、構造材への防耐火性を発揮します。

  • 新鮮な空気を循環させる24時間計画換気システム

    新鮮な空気を循環させる
    24時間計画換気システム

    高気密住宅では、換気はたいへん重要です。最高水準のF★★★★建材を使用していても、市販の家具などからのVOC(揮発性有機化合物)の拡散は防げません。24時間計画換気システムは、屋外から新鮮な空気を取り込み、家中の空気を入れ替えて、二酸化炭素やVOC、生活臭気などを強制的に屋外へ排出。さらに、カビ・ダニ・ハウスダストも効率的に排除し、室内の空気を常にクリーンで新鮮に保ちます。

  • 防水对策雨水の浸入を何重にもブロック

    防水对策雨水の浸入を何重にもブロック

    屋根はゴムアスファルト複合合成繊維不織布の下葺専用材、外壁はサイディングと透湿防水シートの二重防水構造。外からの衝撃により、割れが生じても雨水が直接浸入することはありません。また、一年中雨風にさらされるバルコニーは構造用合板の上に、不燃板を敷き、その上に防水性の高いFRP(繊維強化プラスチック)を全面に塗布。そして、サッシの取り付けには、雨漏りを防ぐために3方向に防水テープを貼り、枠の下には水切りシートを貼付。防水性を高めるため、様々な工夫をしています。

かんたん物件検索